個人情報保護ポリシー

この個人情報保護方針は、私どものウェブサイトhttps://www.wise.org(以下「ウエッブサイト」という。)への訪問又は私どもとの電子メール、電話及びファックスによるコミュニケーションの一環として、世界サイエントロジー企業協会が欧州一般データ保護規則(GDPR)に基づきあなたの個人データを処理する際に適用されるものです。

クッキー、ソーシャルプラグインその他の種類のトラッキング技術を介して個人データを処理する方法に関する詳細な情報を必要とされる場合はクッキーポリシーをご参照ください。

1.私たちについて?

1.1お客様の個人データは6331 Hollywood Boulevard, Suite 701, Los Angeles, CA 90028, United States of Americaに所在する世界サイエントロジー企業協会(この以下:「以下「WISE」「私たち」「私たちに」「我々に」といいます)が制定する適用可能なデータ保護法規に基づいて処理されます。私たちへの連絡は、privacy@wise.org宛の電子メールをご利用ください。私たちの究極の目標は、倫理的、正気及び繁栄した文明です。

1.2.この個人情報保護ポリシーにおいて法律又は規制を参照している場合、これらの法律又は規制の改正があったときは暗黙の形で含まれるものとします。

1.3.私たちは、この個人情報保護ポリシーを私たちの独自の措置として改訂及び適応する権利を留保します。その場合、これらの改訂及び適応は、これらの改訂及び適応が適用される時の少なくとも2週間前に私たちのウェブサイトを介してお客様に伝えられるものとします。私たちのウェブサイトをそれ以降の使用されるときは、改正された個人情報保護ポリシーの対象となります。

2.お客様の個人データのうちどのデータが処理されるのか?

2.1.お客様が私たちのウェブサイトを利用される場合、私たちは次のような処理を行います:

· お客様のデバイスに関する情報、IPアドレス、ブラウザの種類、地理的な場所及びオペレーティングシステムなどのテクニカルな情報

· 訪問の長さ、クリックしたリンク、訪問されたページ、ページの訪問頻度などの閲覧の動作

2.2.お客様が私たちのウェブサイト上の連絡書式への記入、電子メール、電話又はファックスで私たちとコミュニケートされる場合、私たちは次のものを処理します:

· 名前、姓及び言語などのお客様が私たちに提供されるアイデンティティ情報

· お客様の電子メールアドレス、住所、国名、電話番号及び携帯電話番号などのお客様が私たちに提供される連絡先の詳細

· お客様の要請又は質問などのコミュニケーションの内容

· 私たちの側でお客様とコミュニケートした者、コミュニケーションの日時などのコミュニケーションのテクニカル情報

· お客様がロボットではなく実在の人物であることを確実なものとするテクニカル情報

· お客様のソーシャルメディアプロフィールで公開されている情報などのお客様に係る一般に公開されている情報

· お客様が私たちに提供されるその他の個人データのすべて

2.3.お客様が私たちのウェブサイトで登録される場合、私たちは次のものを処理します:

· お客様が私たちに提供されるお客様の肩書、名、姓、言語、性別、職業、勤務先の会社(の種類)、写真、選好及び関心などのアイデンティティ情報

· お客様が私たちに提供されるお客様の電子メールアドレス、住所、国名、大陸ゾーン、電話番号及び携帯電話番号などの連絡先の詳細

· お客様がロボットではなく実在の人物であることを確実なものとするテクニカル情報。

2.4.お客様がWISEメンバーとなるために申請される場合、、私たちは次のものを処理します:

· お客様が私たちに提供される肩書、名、姓、職位、言語、性別、生年月日、選好及び関心、写真などのアイデンティティ情報)

· お客様が私たちに提供されるお客様の電子メールアドレス、住所、国名、大陸ゾーン、電話番号及び携帯電話番号などの連絡先の詳細

· お客様がロボットではなく実在の人物であることを確実なものとするテクニカル情報

· ビジネスの名称、従業員数、ウェブサイト、郵便の宛先、国名、大陸ゾーンなどのビジネスに関連する情報、。

· クレジットカード番号などの支払に係る詳細

· お客様が私たちに提供されるコメント、チャーターメンバーであるか否か、ハードコピープランナー、学歴及び経験並びに社会的またはボランティア組織などのその他の個人データのすべて

2.5.WISE大会のチケットを購入される場合、私たちは次のものを処理します。

· お客様が私たちに提供される名及び姓などのID情報

· お客様が私たちに提供されるお客様の電子メールアドレス、郵送先、国名、電話番号及び携帯電話番号などの連絡先の詳細

· 購入されたチケット又はその注文の日時などの注文の詳細

· 購入のための支払い額などの支払いの詳細

2.6.私たち直接は個人情報の殆どをお客様から直接に受領します。しかし、お客様の選好及びブラウジングに際しての振舞いなどの追加的な情報をGoogle などのパートナーから受領する場合もあります。これらの関係者が処理する個人データについてより詳細な詳細な情報を必要とされる場合、各々の者の個人情報保護ポリシーをご参照頂くようお願い申し上げます。

3.私たちがお客様の個人データを処理する目的及びその法的根拠は何でしょうか?

3.1.以下の表において、私たちがお客様の個人データを処理する目的及び私たちの行為の法的根拠について説明します。私たちは、次のような法的根拠に依拠しています。

· お客様が自由な状態で同意される前にその同意がどのような意味を有するのかを知らされるお客様の同意

· 契約を履行するため、又はお客様と契約を締結する前のステップとしてのお客様との契約

· 私たちが遵守しなければならない法的義務

· サイエントロジー教会の社会的改善及び人道的プログラムを含め、私たちのウェブサイト、ソーシャルメディアチャネル、教材及びサービスの継続的な改善することなどにより、お客様が最善の経験をされることを確実なものとし、悪用及び違法行為から守り、世の中に普及促進し、お客様の利用に供するという私たちの正当な利益

目的 法的根拠
1. 私たちは、お客様が私たちのウェブサイト、電子メール、電話又はファックスを介して請求される教材、サービス又は情報をパーソナライズされた効率的な方法で提供するためお客様の個人データを処理します。 私たちの正当な利益
お客様との契約
2. 私たちは、お客様の注文を処理し、お客様が請求された教材や情報を提供したり、お客様が請求されるサービスを提供できるようにするためお客様の個人データを処理します お客様との契約
3. 私たちは、お客様が販売促進のための情報を受け取ることについて明示的に同意された場合は、電子メールその他の個人同士間のコミュニケーションのチャンネルを通じて、コミュニケ―ション、プロモーション、提供物及びニュースレター等の私どもの教材及びサービスの販売促進用の情報を送付するためお客様の個人データを処理します。

お客様の同意

 

4. 私たちは、電子メールその他の個人同士間のコミュニケーションのチャンネルを通じて、コミュニケ―ション、プロモーション、提供物及びニュースレター等の客様が以前に購入又は受け取られたものと類似の教材又はサービスのための販売促進用の情報を送付するためお客様の個人データを処理します。 私たちの正当な利益
5. 私たちは、他のマーケティング目的、例えば紙上など、つまりWISE及び厳選されたパートナーのコミュニケーション、プロモーション、提供物及びニュースレターなどの目標を絞った販売促進情報を提供するためお客様の個人情データを処理します。 私たちの正当な利益
6. 私たちは、電子メールやその他の個人間の電子通信チャネルを介してコミュニケーション、プロモーション、提供、ニュースレターなどのプロモーション情報を送信するというフレームワークの下に、お客様がアクセスされた販売促進情報のコンテンツ又はお客様がクリックしたプロモーション情報のリンク(例えば、電子メールの中のウエブビーコンなどの追跡技術により)などのプロモーション情報の分析用の情報を収集するためお客様の個人データを処理します。 お客様の同意
7. 私たちは、お客様の所在地、そのビジネスに関連する情報及びメンバーシップレベルに基づきお客様の体験の向上に向け独自のプロファイルを作成するため客様の個人データを処理します。 お客様の同意
8. 私たちは、お客様の個人データを処理します:
· 私たちが遵守すべき法的義務を遵守するため、または
· 権限のある法執行機関の代理人若しくは代表者、司法当局、権限のあるデータ保護当局を含めた政府機関若しくは組織からお客様の個人データを共有することに係る合理的な要請に従うため、又は
· 私たちの独自の裁量により証拠として、又はお客様が私たちのウェブサイト、ソーシャルメディアチャネルその他のコミュニケーションチャネルを使用して違法行為又は犯罪に犯されたということについて正当な疑いがあるとき警察又は司法当局にお客様の個人データを転送するため。
法的義務
9. 私たちは、自らのウェブサイト、販売促進情報、教材及びサービスの改善又は新しい教材及びサービスを開発に際して統計分析を実施するうためお客様の個人データを処理します。 私たちの正当な利益
10. 私たちは、お客様の私たちのウェブサイト又は他のコミュニケーションチャネルの使用を検討できる場合は、自らの正当な利益を保全するため又は第三者の正当な利益を保全するため客様の個人情報を処理します。
· 私たちのサイトの使用規約の適用される条項、知的財産権その私たち又は第三者の権利に係る違反
· 私たちのウェブサイト、ソーシャルメディアチャネル、その他の通信チャネル又は私たちの、私たちのパートナーの中で選ばれたものの、又は第三者のITシステムのセキュリティ又は完全性がウイルス、トロ―ジャンホース、スパイウェア、マルウェアその他の悪意のあるコードのために危険又は脅威にさらされていること、又は
· 如何なる形のものであれ憎悪的、卑猥、差別的、人種差別主義者、中傷的、意地悪、傷つけその他不適切又は違法なこと。
私たちの正当な利益

 

4.お客様の個人データは誰に送信されるのか?

4.1.私どもは、第三者を利用しています。その例は次のようになります:

·私どものウェブサイトを提供するため(例えばホスティングプロバイダー);または、

·私どものプロモーション情報の対象の選択(例えばマーケティング会社);または

· お客様からの注文の処理(例えば教材を配送する運送会社);又は

·お客様の支払い処理(例えば支払サービス プロバイダー又は信用調査機関)。

これらの第三者は、私たちに代わって及び明示的な書面による指示に基づく場合にのみお客様の個人データを処理することが許されます。また、私たちは、これらの第三者が厳しい注意を払って選ばれること及びお客様の個人データの安全性及び完全性を遵守することについて約束していることを保証するものです。

4.2.私たちは、サイエントロジー国際教会並びに例えば、地元の教会、ミッション、社会的改善及び人道的プログラム、WISEメンバーシップオフィス又はハバード経営コンサルタント等のサイエントロジー教会の他の国内、地域または地元の組織とお客様の個人データを共有する場合があります。、たとえば、お客様が私たちの連絡書式を介して請求される場合、私たちは、お客様が提供された個人データや連絡先の詳細をハバード経営コンサルタントと共有します。ただし、私たちは、サイエントロジーの全ての組織がお客様の個人データの処理の全般についてこの個人情報保護ポリシーの規定に則して実施するよう十分に配意することを確実なものとします。

4.3.私たちは、上述の第3条に規定される法的義務を遵守するため、権限のある法執行機関の代理人若しくは代表者、司法当局、権限のあるデータ保護当局を含めた政府機関若しくは組織とお客様の個人データを共有することを法的に義務付けられる場合があります。

4.4.私たちは、第4.1条、第4.2条及び第4.3条に規定されている場合を除き、お客様の明示的な同意なしにお客様の個人データを認識可能な形で他の第三者に送信することはありません。ただし、私たちは、これらのデータを使用して教材及びサービスを改良するとともに、これらの教材及びサービスのマーケティング、展示及び販売を適合したものとするために匿名化されたデータを他の組織に送信することがあります。

5.私たちがお客様の個人データを処理する場所?

5.1.私たちは、米国を含む欧州経済地域(EEA)内外の双方でお客様の個人データを処理します。上述の第3条に規定されている目的に沿ってお客様の個人データを処理するために、私たちは、EEAの外部で私たちに代わって処理する第三者に個人情報を転送する場合もあります。お客様の個人データを処理するEEA外の主体の各々は、お客様の個人データの処理に関し、適切な保護措置を遵守する義務を負います。WISEにとって、このような保護措置は、個人データ保護の観点から直接にEUの法律を遵守するように直接義務付けられているという事実から結果したものです。第三者にとり、そのような保護措置は次のようなものの結果である場合があります:

· 受取者の国がEEA内において提供される保護と同等とみなされる可能性のある法規を制定している場合;又は

· 私たちと当該主体との間に契約上の取決めがある場合;又は

· 2016年7月12日に欧州委員会が採択したEU-USプライバシーシールド決定などの承認済の認証メカニズムがある場合。

5.2.匿名化された及び集計されたデータの双方又はその一方をEEA外の組織に転送する場合がありますこのような転送が行われる場合、私たちは、お客様のデータの安全性及び完全性及び適用される強制規定に基づきお客様が享受される個人データに係るあらゆる権利を確実なものとするための保護措置が講じられていることを確かなものとします。

6.どのような品質保証に準拠していますか?

6.1.私たちは、上述の第3条に掲げる目的を達成するために必要な個人データに限って処理することに最善を尽くします。

6.2.お客様の個人データは、上述の第 3 条に規定されている目的を達成するために必要な期間のみ、又はお客様がそのようなデータを処理することに係る同意を撤回されるまでの期間においてのみ処理されるものです。お客様の同意の撤回は、お客様として私たちのウェブサイトの全体又は一部をもはや使用できなくなることを意味する場合があります。以下の場合を除き、上述の第3条に規定されている目的のためにもはやお客様の個人データが必要のない場合、私たちは、お客様の個人データを匿名化します

· 個人データを識別可能に保つことについてWISE又は他の第三者の利益が優先する場合;又は

· 法的若しくは規制上の義務又は司法若しくは行政命令に基づき、私たちとしてそれらの個人データを匿名化することが妨げられる場合。

6.3.お客様は、私たちのマーケティング活動の重要な側面はマーケティング資料をお客様との関連性をより高いものにすることに関係すると理解しています。私たちは、この個人情報保護ポリシーの第2条に挙げられている関連特性に基づいてお客様に固有のプロファイルを作成するとともに、このプロファイルを使用し、お客様が関心を持たれる可能性のある資料及びサービスに関するコミュニケーション、プロモーション、提供物、ニュースレターその他の販売促進情報を提供する形で実施します。

6.4.私たちは、お客様の個人データを不正なアクセス又は盗難、及び偶発的な紛失、改ざん又は破壊から安全に保つために適切な技術的および組織的措置を講じるものとしますたとえば、お客様のクレジットカード情報は、セキュアソケットレイヤー(SSL)暗号化技術を使用して保護され、私たちのスタッフメンバー又は第三者の職員のお客様の個人データへのアクセスは、知る必要がある場合に限るという原則によるとともに厳格な守秘義務の対象となります。ただし、お客様は、安全及びセキュリティは決して保証することのできない最善の努力を講じるという義務であることを理解されるものとします。

6.5.お客様としてコミュニケーション、プロモーション、提供及びニュースレターなどの販売促進情報を電子メール又は個人間の電子的コミュニケーションチャンネルを介して受け取るために登録されている場合は、そのような販売促進情報の中で提供されているオプトアウトリンクをクリックすることによりそのような販売促進情報の受取りに関する選好を変更することができます。

6.6.お客様が雑誌、通信、コミュニケーション、プロモーション、オファリング及びニュースレターなどの販売促進情報を受け取るために登録されている場合は、この個人情報保護ポリシー第7.8条に基づき私たちのデータ保護担当者に要請を送付をることにより、それ以降紙の形での販売促進情報を受け取ることについて異議を申し立てることができます。

7.お客様の権利はどのようなものでしょうか?

7.1.お客様は、私たちが処理するお客様関連の個人データへのアクセスを要求する権利を有されます。私たちは、明らかに迷惑や危害を及ぼすために提出される複数のアクセス要求について、合理的な管理運営手数料を請求する権利を留保するものとします。各々の要求には、アクセス権を行使することを希望される処理活動を特定するとともにどのデータカテゴリにアクセスを希望されるのか特定する必要があります。

7.2.お客様は、修正の権利、つまりお客様に関する不正確な個人データについて無料で修正するよう要求する権利を有されます。修正の要求を提出される場合、修正要求の対象であるデータに欠陥があることの証拠を要求に添付しなければなりません。

7.3.お客様は、個人データの処理について従前の同意を撤回する権利を有されます。

7.4.お客様は、削除の権利、上述の第3条に挙げられている目的に照らしてこれらのデータが不要となった場合、又はお客様がそれらのデータの処理に係る同意を撤回された場合にお客様に関する個人データの削除を要求する権利を有されます。ただし、私たちが削除の要求について次のような諸点に鑑みて評価することにご留意ください:

· 私たち及び第三者の利益がお客様の利益に優先する可能性があること;又は

· そのような削除と矛盾することになる可能性のある法的若しくは規制上の義務又は行政的又は司法上の命令が存在すること。

7.5.お客様は、削除の代わりに制限を課す権利、つまり、次のような場合は、私たちに個人データの処理を制限するよう要求する権利を有されるものです:

· 私たちがお客様の個人データの正確性を検証しているとき;又は

· 処理が違法であり、お客様が個人データの削除に反対されているとき;又は

· お客様として法的請求権を確定、行使又は防御するために個人データを必要とされ、一方、私たちは上述の第3条に挙げられている目的のためにはもはやお客様の個人データが不要であるとき;又は

· 私たちは、お客様が第7.6条の規定に基づき異議を申し立てる権利を行使された場合、私たちの正当な利益がユーザーの利益に優先するか否かを検証しています。

7.6.お客様は、次のような場合に個人データの処理に異議を申し立てる権利を有されます:

· この処理は、上述の第3条の規定による私たちの正当な利益に基づくものです;及び

· お客様がそのような異議を担保する特定の状況にあることに関連し、重大かつ正当な理由があることを証明できるとき;及び

· 私たちの正当な利益がお客様の利益に優先しないとき。

ただし、意図した処理がダイレクトマーケティングと正当にみなされる場合、お客様は、そのような処理に対して無償、かつ正当な理由なしに異議を唱える権利を有されるものとします。

7.7.お客様は、データの移植性に係る権利、すなわち、お客様の同意又は上述第3条に基づく契約に基づき処理を行う場合に、お客様が私たちに提供されたすべての個人データを、構造化された一般的に使用される機械可読形式で受け取る権利を有されます。

7.8.お客様が上記の権利の何れかを行使するために要求を提出されることを希望される場合は、privacy@wise.org宛に電子メールを送信することにより私たちのデータ保護担当者に連絡することができます。権利の行使を要求する電子メールは、お客様の要求を処理するために必要な範囲を超えてお客様の個人データの処理に同意するものと見なされません。そのような要求は、次の条件を満たす必要があります:

· お客様が行使することを希望する権利を明確に述べること;及び

· もし必要とされる場合は、お客様が権利を行使される理由を明確に述べること;及び

· お客様の要求には日付及び署名を付すこと;及び

· お客様の要求には、身分を証明するために有効な身分証明書のデジタルスキャンコピーを添付すること。お客様が連絡書式を使用される場合、お客様の署名が付された確認及び身元証明をお願いすることがあります。

お客様の要求を受領したことについて速やかに連絡申し上げます。上述の条件を満たし、有効であることが証明された場合、私たちは、お客様の要求を受領してから遅くとも30日間が経過した時点までに、可及的速やかにその要求を満たさせて頂きます。

私たちの個人データの処理に関して苦情がある場合は、privacy@wise.org宛に電子メールを送信し、当社のデータ保護担当者に連絡することが常に可能です。私どもの対応に満足されない場合は、権限のあるデータ保護機関に苦情を申し立てることができます。

プロスペリティ®と通じる

私たちは、新しい記事を月に2回

オンラインのプロスペリティ・マガジンのウェブサイトに掲載しています。

ここで加入し、購読者の一員としてご参加ください。

最初の4本の記事は誰にでも無料です。

メンバーとして、あなたはそれらすべてにアクセスすることができます!

成功事例

2015年に、私たちはWISEのアドミンノウハウモデル(MAKH)プログラムのモデルを社内で実施しました。私たちは、すぐさま、生産、配送、サービス及び製品の品質、プロフェッショナリズム、顧客満足度及び有効性を向上させました。それ以来、私たちは毎年過去最高のレベルの生産量を達成しています。WISEのお陰で優れた、より良い組織を構築することが可能になりました。

最近、従業員を対象として実施した調査の中で彼らは次のように述べています:「ここで新しいことを学んでいます。進化し、自分自身により自信を持てるようになりました。この会社は、優れた組織と心地よい同僚に恵まれた堅実な会社です。」

MAKHを実践して以来、私たちは毎年良好な財務状態に対する公式な賞、拡張を称える賞及びその年の優れた手工職人としての賞を受賞しています。

私ども夫婦は、この1年長い期間にわたって会社を離れていることができました、それにも拘わらず、売上高及び財務の健全性の面で過去最高の成績を収めました。また、財務の健全性が高まったことにより、これまで以上に慈善活動を盛んにすることが可能でした。

より多くの組織が参加し、拡大を達成するに伴いこの事業を運営することがより楽しみになっています。

– デビッド フライクマン氏、DM TAKストックホルム」

「従業員や顧客とのビジネスを経営していると、しばしば、泥沼に陥り、疲労し、そして欲求不満を感じることがあります。しかし、ハバード管理運営技術の基本をこの会社に導入して以来、私たちははるかに少ない努力ではるかに大きな繁栄を成し遂げており、しかもとほとんど動揺がありません。これにより、顧客に対し素晴らしいサービスを提供することに集中するとともにビジネスの目的を達成するために働くことが可能になっています。要するに、このアドミンノウハウプログラムのモデルがビジネスから心配を取り除き、事業を開始した最初の日と同じように楽しくかつエキサイティングなものにしてくれます。」

– ジョン・ネスビット氏、カスタマーファクトリーのCEO


「アドミンノウハウモデルのツールは、統計及びオルグ盤から諸条件及びアドミンの規模までの全てを管理運営する正確なプログラムを提供します。

私たちは、このツールを自らの会社において非常にうまく使用しており、アドミンノウハウモデルのプログラムを実装する程度に応じて指数関数的に成長しています。証拠はこの統計にあります。始めたばかりなのに既に30倍以上にも成長しています!」

-ラファティ・ペンデリー氏、 Studio98の創立者

2004年に2人のパートナーだけで不動産事業を始めました。

今は、13名のチームであり地元のランドマークとなっている高層ビルの中で高度に専門化した生産事務所を拡大しました。私たちは成長を続け、今ではこの街における知名度が高くなり、その業績に対して定期的に賞や表彰を授与されるようになっています。 最近有名な3誌の業界雑誌の各々から「業界でベスト」として賞を授与されています。

会社の収入は昨年史上最高を達成し、今年はそれを更に上回る軌道に乗っています。このプログラムは、この会社の成長の一部分です。

-フランツ・スペイラー氏、シュピーラー&シーベルガー・イモビリエン

1985年、私たち夫婦だけでこのプラクティスを創立しました。現在、52人が私たちともに働いており、継続的な成長を遂げるとともにより追加の技術者をさいようするためにより多くの施設を建設しています。

この技術は、多くの新しい顧客を引き付けている私たちのコミュニティにおいて広範な販売促進キャンペーンを実施するのに役立っており、私たちは今では町全体で良く知られる存在となっています。

私たちは現在、他のいくつかのプラクティスの買収に取り組んでおり、それらを質の良いサービスを街中に提供するためのネットワークに組み込むことになります。

WISEの特典は、私たちのプラクティスの管理運営の質の向上及び何をなすべきか、何が成功で何が失敗なのかという点について正確に承知している幹部のチームを構築することに大きく貢献しています。

-ドクタートーマス・レーダー

WISEの特典を利用して、小さな「夫婦」会社を現在では4社に成長させており、そのすべてが成長し、成功を収めています。私たちは、深夜まで働き、たくさんのバックログを抱える一方で請求書の支払いに十分な金銭がありませんでした。今では、バックログを取り除き、すべての生産が納期通りであり、統計は完全な財務統制のもとに増加しています。その上、私たちは今、約半年間世界を旅行するとともに、定期的に私たちのコミュニティ及び教会のためのいくつかのボランティア活動に参加しています。

この技術なしで働くことは砂漠を盲目を歩くようなものです。WISEのおかげで「仕事」は今楽しく、かつやりがいのあるものになっています。

– M. H.

2010年に事業をゼロから始めました。WISEメンバーシップの特典を利用することで、この技術を正しく適用することにより非存在の状態から抜け出すことができました。組織盤及び統計管理を利用することで、正しい意思決定を行うとともに事業のために成功を収めた措置を講じることができました。

これらすべてのツール及びこのデータにより、私は会社を1名から今では9名の社員を擁するまでに築き上げており、引き続き成長を遂げています。私たちは、長期的な繁栄の方向に歩んでいます。

私はこの技術をすべて利用し、今では拡大し、新しい会社を設立するための時間を見出しました-このハバード管理運営技術のおかげでそのすべてを達成することができました。

– C.G.