L. ロン ハバード氏の管理運営技術とは何ですか?

L.ロンハバード–管理ソリューション

「人を失敗させるのはその夢ではありません。」L. とロン ハバード氏宣言しました「夢を実現するために必要なノウハウの欠如です」その理由、かつその理由だけのために「商会、ソサエティーズ、グループは言うまでもなく、あらゆる国々が何十年も混乱のなかでもがいてきました」。

その結果として毎日の新聞の次のような表題に直面しています:甚大な赤字、厄介な課税、破綻したビジネス、そして表向きは繁栄した米国においても約4000万の人々が貧困ライン以下の生活をしています。従って、ハバード氏がさらに「人の幸せと企業及び国家の寿命は、組織に係るノウハウに依存しているように見受けられる」と宣言とされるだけのことはありました。

ある人が個人はどのような形で最もよく機能するか-そのニーズ、願望及びその失敗の原因―本当に理解出来れば、その人は、自然に一群の個人がどの様な最もよく機能する方法を理解することになります。このようなスタンスこそがL.ロンハバード氏が他の人と協力する方法の問題に対処する際にとったものでした-管理運営のギミックや権威主義的な命令ではなく、共通の目的のもとに団結した複数の個人のグループとしての特有な思いやりのある観点によるということです。

全体として、ハバード氏はサイエントロジー組織が機能するよりどころとなる運営管理ポリシーを策定するとともに成文化するために30年間以上を費やしました。これらのポリシーは、人のあらゆる振舞いを司る基本的な法律に源を有するものであり。従って、同氏のダイアネティックスとサイエントロジーに関する著作物が人の精神の回復にとり重要であるのと同じようにグループの主題にとり重要な知識体系を構成するものです。確かに、ダイアネティックスとサイエントロジーまで、誰も実際に人の心を支配する原理を知る以上にグループ活動を支配する原理について知りませんでした。

ハバード氏の管理運営に係る発見の核となるものは組織盤、又はより一般的に知られている「オルグ盤」です。1965年に開発された組織盤は、組織の図式パターンであり、成功したグループ活動に関連するすべての機能を描き出したものです。事実、オルグ盤は、あらゆる活動にとり理想的な組織パターンを記述しています。

そのパターンは、グループ又は個人を問わず、活動を7つの重要な部門の観点から示しています。これらの部門は、その代わりに、協調した努力に必要なすべての義務、位置及び機能を提示します。組織盤上の1から7までの部門は、生産サイクルとして知られる順序で提示されています。繰り返しますが、このシーケンスは、恣意的なものではありませんハバード氏が生産サイクルについて語るとき、同氏は、法人の世界における組織のパターンを構成する組立てラインや人間の機械の点については触れているものではありません。むしろ、同氏は、個人であれグループであれ、すべての生産が自然に従う特定の活動について語っているものです。実際には、人が何かを達成したい場合は、これらの7つの基本的な手順を踏まなければなりません。その点、組織盤は単に組織を成功させる理想的な方法ではありません。これは、組織を成功させるための唯一の方法です。

理想的な組織形態を定義したうえで、ハバード氏は次にその形態が機能する特定の管理運営ポリシーを提供します。これらの管理運営ポリシーは、組織エグゼクティブコース(OEC)と呼ばれる参照テキストのセットに含まれています。このOECのテキストは、従業員の採用から従業員の倫理的行為、昇進から品質管理その他組織内のあらゆる作業の側面に関する理論及び詳細を提供します。実際には、オルグ盤上の各々の部門に対応する冊子があり、その各々に当該部門の運営及び機能が正確に記述されています。

L.ロン・ハバード氏の経営シリーズの著書には、人事、組織及び管理に関する画期的な管理運営技術を含む高レベルの経営を成功させるために必要なあらゆるツールが含まれています

経営シリーズと呼ばれる追加のテキストにおいて、ハバード氏は、組織を経営するための方法という主題についてあるエグゼクティブが承知しておくべきことの全てを提供しています。その中には、組織化する方法、幹部として機能する方法、確立する方法、人員を取り扱う方法から広報の芸術までが含まれています。したがって、OECのテキストは、組織を運営する複数のポリシーを提供するものであり、一方経営シリーズは組織を経営する複数のポリシーを提供するものです。

これらのポリシーに見出される原理の中に非常に重要な鍵となる存在の条件があり、これはハバード氏が成功又は生残りの度合いという観点から定義したものです。この基本的な概念は、「法人の健康」という観点から語る明敏な管理者にはあいまいな形で知られています。 しかし、法人の健全性という考え方は良い状態と悪い状態の二通り状態のみを示唆するものであり、その健全性を改善する詳細な手段を提供していないところL.ロンハバード氏は、一層多くのものを提供しています。具体的には、ハバード氏は、様々な生残りの程度を分析しました -存在しない状態から危険な状態まで、緊急事態の状態から普通、豊かで力のあうる状態まで。さらに、同氏は、必要な条件の公式、または如何なる状態からであれ改善するために講ずべき措置について詳細に説明しています。つまり、ただアウトライン化された手順を実施するだけで、ある人の組織が本当に繁栄するまで一つの状態から次の状態へ向上していくことにあるものです。

「L.ロンハバード氏の管理運営関連著書を深く読み込む機会を初めて得た後、私は感銘を受けました。この技術には常識及び実用性が注ぎ込まれています。私は、ハバード氏のものほど完全、実行可能、かつ広範に管理法規及び手法の体系を知りません。同氏の組織に関するノウハウの哲学及びその適用に関する明快な説明は、産業界、商事会社及び政府により広く使用されるに値します。」

— ロバート・ゴールドシャイダ氏 - 会長

国際ライセンスネットワーク株式会社、技術経営コンサルタント

ハバード氏は、人の運営状態に関する憶測を排除するため統計により組織の健全さを監視する方法についてさらに詳細に説明しています。この統計は、同氏が定義するように、同じものに係る以前の数又は量と比較される数又は量のことです。したがって、統計とは実施された業務の量又はその価値に関するものであり、組織的なもの又は個人に係るものの如何を問わず、何らかの生産又は何らかの活動の唯一の健全な尺度です。管理上の観点から、統計は組織の健全さのバロメーターを提供するものであり、一方、ハバード氏の条件の公式はその健康状態を改善する手段を提供するものです。これらのツールを正しく活用することにより、問題のある領域を正確に切り離すとともに問題点を改善する方法を提供します。

ハバード氏の管理運営に係る解明がグループが理想的に機能する規則について提示していることを与件とする場合、同氏の管理運営に係る発見に対する需要が産業一般その他の場において高まることは避けられませんでした。それに応じ、かつ顕示的にその需要を満たすためハバード管理運営カレッジが設立されました。

「効果的かつ成功するためには、管理者は自らが管理するグループの目標及び目的を出来る限り完全に理解しなければなりません…管理者は、そのグループ及び各々のメンバーが取り扱うことが可能な現実な成果及び進歩を容認し、改善することができなければなりません。彼は常に、理想と実用の間に存在する湾岸を狭めるために努力しなければならない」 – L.ロンハバード

これらの機関は、特にL. ロンハバード氏の業績を活用して、グループ、企業又は組織の経営及び運営の課題に取り組むための専門家としての能力を強化しています。ロサンゼルスに本社を置くこのネットワークは現在5大陸に広がっています。。重工業、サービス産業、エンターテイメント、コミュニケーション、ヘルスケアその他の考えられる限りの専門業務に従事するあらゆる分野のビジネスマン及び女性に対し、L.ロンハバード氏の管理手法のトレーニングを提供しています。国際的な旗艦として、このロスアンゼルスの学位授与研究機関には、12か国を超える国、特に、革新的な管理方法に対する強い需要があるアジアからの入学者を受け入れています。

また、産業民営化に伴い全く新しい組織哲学を必要としていた旧共産主義国におけるL.ロンハバード氏の管理運営の方法の採用も注目に値します。例えば、ロシアは、経済インフラ分野の全体を通じてL.ロンハバード氏の経営管理ツールを広めています。同一の民営化プロセスを通じて、ハンガリーの経営者も同様にL.ロンハバード氏の組織方針に着目し、ブダペストにハバードカレッジを設立しています。非常に異なる経済情勢ではあるもののかなりの人数のコロンビアの連邦政府職員がテキサス州の州および郡政府の従業員と同様にハバードカレッジにおけるトレーニングを誇りとしています。

不況、インフレ、生産性の低下、債務、ストライキ、失業、貧困及び欠乏―これらの経済衰退の見慣れた症状であり、実際には、管理運営ノウハウの致命的な欠如というより深刻な問題の指標でもあります。今日の企業及び政府が組織及び管理運営の基本原理を有能な形で適用することができれば、経済的混とん状態となったものへの実行可能な解決策を生み出すことができるでしょう。

L.ロンハバード氏の管理運営技術の役割は、企業が豊かに繁栄し、政府が賢明に支配し、そして人々が経済的な困窮から解放される可能性がある手段を提供すること、つまり、壊れた夢を復活できる可能性があるということです。

カリフォルニア州ロサンゼルス市のハバード管理運営カレッジインターナショナル:世界的なハバードカレッジネットワークの学問的な中心地であるロサンゼルスキャンパスは、約25カ国からの学生を受け入れるとともにそのプログラムの卒業生の就職率が96パーセントであることを誇りとするこの種の学府として唯一のものです。

プロスペリティ®と通じる

私たちは、新しい記事を月に2回

オンラインのプロスペリティ・マガジンのウェブサイトに掲載しています。

ここで加入し、購読者の一員としてご参加ください。

最初の4本の記事は誰にでも無料です。

メンバーとして、あなたはそれらすべてにアクセスすることができます!